浅草 評判堂

浅草の仲見世で煎餅、おかき、雷おこし、かりん糖など昔菓子のお店

店舗案内 リンク トップページへ戻る
浅草博士
浅草博士
浅草の誕生日(浅草寺示現会)
とき:推古36年(西暦628年)3月18日早朝
場所:宮戸川(今の隅田川)
ひと:檜隅浜成・竹成(ひのくまのはまなり・たけなり)
   兄弟の漁師
   土師中知(はじのなかとも)
説明:漁をしていた二人の網の中に金の仏像を発見
   地元の知識人、土師中知に見せると、尊い聖観音像であると
   自ら出家、自宅を寺としたのが、浅草寺の起源。

尊い観音像なので、「見つけた」とは云わず「自ら示し現われ下さった」
という意味で「示現」と云う。
3月18日は浅草寺「示現会」、浅草の誕生日として、法要が営まれ、毎月18日をご縁日としている。
又、土師の中知始め3人は、三社大権現として、浅草寺隣の「浅草神社」に祀られている。

 江戸時代までは、3月18日に、ご示現を祝って3人の御霊を輿せた、
一の宮、二の宮、三の宮3基のお神輿が、前の晩から浅草寺本堂に昇り一夜を過ごし、翌朝下がった後、浅草見付(現在の浅草橋)まで運んで船に乗せ、ご示現のとき最初に陸に上がった場所とされる、「駒形堂」から陸に上がり、町内を担いで回る「観音祭り」が執り行われていたが、明治政府の神仏分離政策によって、三社祭は、5月18日となった。(現在は、交通規制の関係で、18日に近い金、土、日曜日)

 平成12年より、古式の「観音祭」の一部を「本尊示現会」として、3月最終の土曜日夜7時頃より、篝火、松明の光の中、3基の本社神輿を本堂に上げる儀式(堂上げ)、翌朝10時頃、本堂から下がる儀式(堂下げ)が行われるようになった。 
宮神輿(三社様のお神輿)の大きさ
「一之宮」
高さ:1,770mm  (本体のみ、飾りなし)
幅 :1,850mm  (蕨手の芯から芯まで)
台輪:1,080mm   三尺六寸
鳳凰:  660mm  (先端の飾り)
重量: 622.2Kg (本体のみ)
    404.0Kg (担ぎ棒6本) 総重量 1026.2kg 

「二之宮・三之宮」
高さ:1,780mm  (本体のみ、飾りなし)
幅 :1,850mm  (蕨手の芯から芯まで)
台輪:1,080mm   三尺六寸
擬宝珠: 540mm  (先端の飾り)ぎぼし
重量: 585.2Kg (本体のみ)
    424.0Kg (担ぎ棒6本) 総重量 1009.2kg 

                  資料提供 葛{本卯之助商店
三社祭の楽しみ方(町内渡御)
5月18日に一番近い、金土日の3日間が三社祭です。
しかし、その前日には、各町会の神酒所開設、本社神輿御霊入れの儀式など、祭りの衣装をつけた人が街中を行き来して、すでに祭りモード。
そして、金曜日の大行列から、日曜日の宮入に続く3日間が始まります。

金曜日:大行列13:00(馬道-雷門-仲見世-浅草神社)
    三社祭の儀式に欠かせない「びんざさら舞」「手古舞」「浅草芸者衆」「白鷺の舞」「鳶頭きやり」の行列
    
    町内神輿御霊入れ 15:30 その後宵宮 宵闇のお神輿が、仲見世界隈で見る事が出来ます。

土曜日:連合渡御 12:30
    浅草神社氏子全ての町会のお神輿が、観音様本堂裏手に集合(100基以上)
    その後、町を練り歩いた後、各町会に帰りそれぞれの町会で担ぐ。
    浅草中何処へ行っても、お神輿だらけ

日曜日:宮出し・宮入りは別に書きます。
    雷門通り、馬道通りは「お祭り広場」(車両通行止め)11:00〜18:00
    お神輿をお楽しみ下さい。

詳しい情報は
http://www.sanjasama.jp
で御確認下さい


三社祭りの楽しみ方(宮出し)
日曜日の6:00、本社の宮神輿が宮を出ます。
浅草寺本堂前は、例年大変な人出です。
あまりの人出に、今年から安全の為本堂前では見物できなくなりました。
でも、雷門前なら、仲見世をお神輿が出てくるところも、見れます。
8:00頃に、雷門前で、仲見世町会から浅草東部町会に引き渡されるので、これをゆっくり見ていると、
何故か、お揃いを着た人、今担ぎ終わった人が、ぞろぞろと駒形方面に歩いてゆきます。
後を付いて行くと、賑やかな太鼓の音に誘われるように、みな「駒形どぜう」に入ってゆきます。

 宮出しを終えたら、駒形で一杯、一眠りして、昼から又お祭り、これが地元の定番です。
どうぞ気楽に声を掛けてみてください、気さくに応えが返り、一味違った三社祭りが味わえる事でしょう。

三社祭の楽しみ方(ルール)
 最近は何処のお祭りでも、人がお神輿の上に乗って調子をとる(本当は全く取れてないが)姿が良く見受けられます。
あれを「カッコいい!」と思う人もいるでしょうが、絶対にやってはいけない事なのです。
三社祭も宮出しでも、止めるのも利かず乗って「降りなさい!」「降りろ!」
挙句の果てに、神輿が落ちて動かなくなり、カッコいいどころか無様な姿を晒す様な事がありました。
2009年ついにこの為に宮神輿の渡御が中止になってしまいました。

 昔鳶の頭に限り、神輿に乗る事を許されていた時代がありました。
鳶職は、高いところが仕事場、当然神社仏閣の屋根にも修理の為上ります。
お神輿は、人が担ぐもので、祭りの最中は御霊の入った神社そのもの、鳶の頭だけが神社に許されて上っているのです。

もうひとつの訳
 昔から、町内の神輿渡御で、頭たちは陰で祭りを支えてくれます。神輿の組み立て、飾りつけ、神酒所設営、その他の雑用。
町内神輿がくたびれたとき、肩を入れて持ち直し、旦那衆の店の前でさっと渡す。
そんな頭たちに、感謝を込めて旦那衆が提灯持ち、宮入の良いところを担いでもらう。
これが宮入、自分が目立ちたいだけで神輿に乗るのとは訳が違うのです。
心ない人達が、勝手に神輿に乗るため、今では頭も乗る事が出来なくなりました。
さみしい事です。
三社祭の楽しみ方(観音裏)
 三社祭の開催期間、浅草花柳界(通称観音裏)では、芸者衆による組み踊りを楽しめます。
芸者衆数人と、地方と呼ばれる三味線、太鼓、唄を担当するお姐さん達が一組になって、
これが4組程、入れ替わり立ち代り、踊りを披露してくれます。
まるで芸者衆総上げの気分ですが、グループで頼めば、以外にお安い。
但し必ず予約が必要ですので、御興味のある方は、浅草組合にお問い合わせになっては如何でしょう。
電話 03-3874-3131
雷門のこと
浅草と言えば雷門、浅草寺の総門です。
浅草を紹介する本には、必ず「雷門」の写真が載ります。
正式には「風雷神門」正面右手に「風神」左手に「雷神」を奉っているのは、五穀豊穣、天下泰平の願いを表します。

 この「雷門」初めて創建されたのは天慶5年(942年)武蔵守平公雅によって、現在の駒形付近。
後に鎌倉期に現在の場所に移されました。
その後何度も焼けては再建されましたが、慶応元年の火事で焼失してから後、95年もの間、雷門はありませんでした。
昭和35年、松下電器産業「松下幸之助」氏の寄進により、現在の門が完成しました。
雷門の裏側
雷門の正面は、右に風神、左に雷神。皆様御存知です。
では、裏側の2対の像は?
 答えは、水の神様、龍神様で、再三の火災から護って頂く願いを込めて奉りました。
作者は芸術院会員「平櫛田中」先生で
向って右が女神「金龍」、高さ2.74m  重さ200kg
左は男神「天龍」、高さ2.93m 重さ250kg
どちらも良く見ると、後に尻尾があります。
これも、松下グループの有志の方々によって寄贈されました。
五重塔の猿
観音様の本堂も、五重塔も、屋根瓦の飾り部分は鬼瓦か巴柄です。
しかし、三層西南の稚児棟と言われる部分の瓦だけが猿の顔になっています。

古来「丑寅」の方角(北東)を表鬼門、反対の未申の方角を裏鬼門と申します。
江戸城から見ると「浅草寺」は北東の表鬼門にあたり、江戸城にとって「浅草寺」は、
鬼門を護る大切な存在でした。猿の瓦も方位除けの為といわれます。
家康は、江戸開府にあたり、浅草寺を祈願所に定め、代々の将軍は篤く信仰したのでした。
五重塔の中には「霊牌殿」「回向室」「信徒休憩室」「寺務所」が設けられ、信徒が納めた
12000基の永代供養の位牌が安置されています。

 この五重塔、戦火で焼失する以前は、今の場所でなく、本堂に向って東側に建っていた。
昔の位置を示す「塔」の文字が今でも地面に残されている。
浅草の人は雉の肉を食べなかった
観音様のご本尊が見つかった(ご示現)時、雉が羽を広げてお護りしていた。
と言う言い伝えがあります。
この為、ご本尊をお奉りする本堂のお厨子の屋根(帽子で言うと徽章の部分)には、雉が据えられています。
「焼け野の雉」と言って、雉は卵を温め始めると、例え火事になっても、はじめはびっくりして逃げるが、戻ってきて、
焼け死んでも卵を護り続けるといいます。
それ故、観音様をお護りする鳥とされているものでしょう。

 昔、浅草のお店に奉公していた人が、薮入りで家に帰り、ここなら良いだろうと雉の肉を食べたところ
階段から落ちて怪我をしたという話もあります。
ページトップへ戻る
Copyright (C) 2006 hyoubandou. All rights reserved.