雷おこし

上番茶

上番茶
昔、戦争中にお菓子の材料が全て配給制だったことがあります。
配給品のなかに「おこし」の材料として、かなりの量の油が入っていました。
評判堂では、この油が大量に余ってしまったそうです。
「雷おこし」は蒸した米を飴で固めるのが基本で、未だ熱く固まらないうちにのして切ります。
油を加えると、なかなか固まらず、量産が可能になります。
評判堂の「雷おこし」は、少量生産のため、油が余ってしまったというお話。
上番茶は評判堂、自慢の「雷おこし」が10種類以上入っています。

210g  ¥580(税込み)

松の実

松の実
上番茶よりもやや種類が少なく、堅くないおこし。
胡麻・醤油・抹茶などいろいろなお味が楽しめます。

105g  ¥335(税込み)

江戸っ子

江戸っ子
ちょっと堅めのおこし。
でも、細く食べやすくしてあります。
胡麻・しょうが・醤油・抹茶などなど、いろいろなお味が楽しめます。

115g  ¥335(税込み)

いそべ

いそべ
おこしの定番、ピーナッツ入りの「雷おこし」

95g ¥335(税込み)

ひとしお

ひとしお
甘さを押さえ、ほんの少し塩を加えた新しい味の「雷おこし」

165g  ¥580(税込み)

茶ピー

茶ピー
おこし種とピーナッツを飴で繋げた「雷おこし」

190g ¥580

胡麻ピー

胡麻ピー
ピーナッツとたっぷりの黒胡麻でこしらえた「雷おこし」

160g  ¥395(税込み)

タッピー

タッピー
ピーナッツたっぷりの「雷おこし」

160g  ¥395 (税込み)
© 2006 Hyoubandou